バイクを売る時に必要になる書類を紹介したページの見出し画像


バイクを売る時に用意しておく必要がある書類を確認!

更新日:

バイクを売る際には必ず、所有者の変更手続き「名義変更」を行う必要があり、いくつかの書類を用意しなくてはいけません。


必要となる書類は売却するバイクの排気量によって異なり以下3パターンに分かれます。

  • 車検がある小型二輪(250cc以上のバイク)
  • 車検がない軽二輪(125cc以上250cc以下のバイク)
  • 原付(125cc以下)

登録状況によって必要書類は異なることになるので、このページでは各排気量ごとの名義変更に必要となる書類をひとつづつ確認していきます。


他にもバイクの売却先が買取専門業者なのか、個人間の売買なのかでも用意する書類、必要な手続きは異なるので自身の所有するバイクを売りたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。



    車検がある小型二輪(250cc以上のバイク)を売る時に必要な書類と手続き

    車検が必要とされているバイクを売る際には以下のすべての書類を用意しておくと売買の手続きをスムーズに進めることができます。


    該当する車種の例

    ゼファー400・CB400SF・XJR400・SR400・スティード・ドラッグスター・CBR1100
    GSX-R600・ZX11・W650・ZRX1200・V-MAXなど


    小型二輪の売却時に必要となる書類
    • 車検証(自動車検査証)
    • 自賠責保険証明書
    • 譲渡証
    • 委任状

    車検証(自動車検査証)

    車検証は250cc以上の小型二輪を売る時に必ず必要となる重要な書類です。


    すでに廃車手続きをしている場合には、「廃車証(自動車検査証返納証明書)」でもOKですが、車検証あるいは廃車証を紛失してしまっている場合には、バイク売却のハードルは少し上がってしまいます。


    次のページで書類がないバイクを売る方法、書類の再発行手続きの方法についてを詳しく紹介しているのでこちらを参考にしてみてください。



    自賠責保険証明書

    車検の有効期限が残っている場合には、自賠責保険証明書も車検証と併せてバイクを売った相手に渡すことが望ましいですが、すでに車検が切れている場合には基本的に自賠責保険証明書はなくても問題ありません。


    次に車検を受ける人あるいは業者が、新たに自賠責保険に加入することになります。


    譲渡証・委任状

    小型二輪の名義変更には必ず「譲渡証」「委任状」が必要になります。

    • 譲渡証:バイクの所有権を譲り渡すことを証明する書類
    • 委任状:バイクの名義変更に係る手続きを委任することを証明する書類

    これら書類については、以下の国土交通省のHPから無料で入手することができるので、個人間のバイクの売買を予定している人はこちらを利用してください。


    それぞれの書類の記入例も同時に確認することができます。



    納税証明書は用意しなくても良い?

    バイクの名義変更に納税証明書は必要ありません。


    納税証明書は継続検査を受ける場合にのみ陸運支局への提出が必要となります。


    車検切れでまだ廃車手続きをしていないバイクでも、次に新しい所有者が名義変更後に車検を受ければ陸運支局から納税証明書の提出を求められることはないので、バイクを売る際に納税証明書の用意ができなくとも全く問題ないと言えます。


    車検がない軽二輪(125cc以上250cc以下のバイク)を売る時に必要な書類と手続き

    軽二輪のバイクを売る際に用意しておく必要がある書類は以下の2点で、小型二輪のように「譲渡証」や「委任状」を用意する必要がありません。


    該当する車種の例

    TW200(225)・FTR・バリオス250・ホーネット・ドラッグスター250・TR250
    エストレア・マジェスティ・マグザム・フュージョン・Vツインマグナ・ビラーゴなど


    軽二輪の売却時に必要となる書類
    • 軽自動車届出済証
    • 自賠責保険証明書

    軽自動車届出済証

    すでにナンバープレートを返納しているという場合には、廃車後に発行される「軽自動車届出済証返納済確認書」を用意します。


    「軽自動車届出済証」は白色、「軽自動車届出済証返納済確認書」はオレンジ色でいずれもハガキよりも少し大きいかなくらいのサイズの書類です。


    自賠責保険証明書

    自賠責保険証明書をバイクと一緒に譲渡するかどうかは、バイクの売買の条件次第でどちらでも問題ありません。


    ただ、ナンバープレートが付いていて自賠責保険の有効期限も残っているとそのまま乗って帰ることも可能となり、ヤフオクなどで売却する際には大きなセールスポイントにもなるので、同時に譲渡する方が個人間の売買では高値がつきやすい傾向にはあります。


    自賠責保険を解約して払い戻しを受ける

    バイクを廃車し「軽自動車届出済証返納済確認書」を提出する必要があるため手続きのハードルは少し高めですが、有効期限が1ヶ月以上残っている自賠責保険については、解約手続きを行うことで残っている有効期間の返金が可能です。


    自賠責保険の解約による返金手続きの方法について詳しくは以下ページで紹介しています。



    原付(125cc以下)のバイクを売る時に必要な書類と手続き

    125cc以下の原付を売る際には、基本的に標章交付証明書ではなく、廃車証をバイクを売る相手には渡すことになります。


    原付の廃車手続きは今現在住んでいる市区町村の役所に以下の3点を持参することで簡単に行うことができます。


    モンキー・ゴリラ・エイプ・マグナ・JAZZ・スーパーカブ・・リトルカブ・ズーマー
    ジョグ・シグナス・リード125・アドレスV125・レッツ・Dioなど


    原付の廃車手続きに必要となるもの
    • 標識交付証明書
    • ナンバープレート
    • 身分証明書(運転免許証・健康保険証など)
    • 印鑑(認印で可・シャチハタ不可)

    標識交付証明書とは、ナンバーの交付を受けたとき住んでいる市区町村の役所で発行される書類です。


    もし、標識交付証明書を失くしてしまっている場合でも、本人名義でナンバープレートさえあれば原付の廃車は行えます。


    ちなみにこの廃車手続きは無料です。


    原付を個人間で売却する場合には、廃車証1枚だけ相手に渡せばOK、自賠責保険については上項目で紹介している軽二輪売却時と同様の扱いとなります。


    買取業者やバイク屋など業者にバイクを売却する場合

    バイク王やバイクランドなどといったバイク買取業者やレッドバロンなど中古車販売を行うバイク屋に買取を行ってもらう場合には、基本的に以下の書類を用意できればOK!


    ヤフオクやメルカリなど個人間でバイクの売買をするのに比べ、必要書類や自分自身が行う手続きは随分と少なく済みます。


    バイクを買取業者に売る時に必要な書類


    譲渡証や委任状などバイクの登録書類以外に必要となる書類はすべて買取業者が用意してくれるので、売却手続きの際にはそれら必要書類へ捺印することで手続きは完了できます。


    バイクを売る時の必要書類と手続きのまとめ!


    ヤフオクやメルカリなどを利用したバイク売却は、買取業者やバイク屋の買取価格に比べると高値で売れる可能性もあります。


    が、売却の手続きには時間と手間が掛かり名義変更に関するトラブル(売却後も自身に税金の支払い通知が届く、放置車両として警察から連絡が来るなど)が発生するリスクも同時に高くなってしまいます。


    「自分でアレコレ手続きするのは面倒だ!そんな時間はない!」
    「名義変更ちゃんとしてもらえるのかな?個人売ってなんだか不安、、。」


    このように感じた人は、買取業者やバイク屋など業者のバイク買取の利用の方が向いています。


    「買取業者へのバイク売却=高く売れない」といったイメージも強いですが、以下のページで買取業者に少しでもバイクを高く買い取ってもらうコツを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。


    このページの関連記事はこちら