ローンを返済途中のバイクを売る方法について徹底解説したページの見出し画像


ローン返済中のバイクを売る方法を徹底解説!

更新日:
  • ローンを返済中だけど違うバイクに乗り換えたい
  • バイクを売って現金を手にしたいがまだローンを返済中
  • 経済的に厳しくなったのでバイクを手放してローンを解消したい

バイクを売りたい理由、事情は人それぞれ様々ですが、


「ローンが残っているバイクって売れるの?」「どうやって売却すれば損しないの?」


このページではこのような悩みをもった人に向け、ローンが残っているバイクの上手な売却方法についてを解説していきます。


ローンを残ったバイクを売る時に発生するリスク、注意点についてもとことん詳しく紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。



    ローン返済中のバイクを売りたい人がまず最初に確認すること


    自身のバイクに所有権がついていないのかを確認すること


    排気量によって書類の呼び方は異なりますが、バイクの車検証には必ず「所有者欄」と「使用者欄」があるのですが、ローン返済中のバイクを売りたいと考えている人はまず最初にこの2つの項目を確認してください。


    原付(125cc以下)の場合は「標識交付証明書」軽二輪(125cc〜250cc以下)の場合は「軽自動車届出済証」となります。


    確認した車検証の「所有者欄」と「使用者欄」に記載されているのがどちらも自分自身の氏名・住所だった場合には、そのバイクはローンを組んでいないバイクと同様に自由に売却することが可能です。


    ただ、当然のことですがバイクを売って車検証の名義が新しいオーナーに変わったからとローンの毎月の返済がなくなるわけではありません。


    バイクを売却したお金でローンの一括返済を行わない場合には、手元にないバイクに対するローンの返済のみが残ることになるということだけはしっかりと理解しておきましょう。


    ローンで購入したバイクには基本的に「所有権(留保)」が付いている

    ローンで購入しているのに所有権が付いていないケースは稀で、今車検証を確認してもらった人のほとんどが所有者欄にはローンを組んだバイク販売店あるいはローン会社の情報が記載されていたのではないかと思います。


    所有権がついていてもローンをすでに完済しているのであれば、比較的簡単にバイクを売ることもできますが、ローン返済中という場合にはバイク売却のハードルはやや高めになると考えておく必要があります。


    所有者と使用者の違い:バイクを自由に売却できるのは所有者だけ

    所有者:名義変更・変更登録:抹消登録などを申請する権利を持つ

    使用者:バイクを日常的に使用しする者で税金の支払い義務がある


    ローンを組んでバイクを購入した場合、そのローンを完済するまでの間は担保(抵当権)のような形で「所有権」が付くことになります。


    所有権がついている間は、所有者にバイクを借りているような状態だと言えます。


    当然、借りているバイクを勝手に売ることはできませんし、万が一勝手に売却してしまうと最悪の場合は「横領罪」や「専有離脱物横領罪」といった罪に問われてしまう可能性もあります。


    また、所有権が付いているバイクは原則、使用者を変更することもできません。


    ですので、何も知らないまま所有権がついたままのバイクを第三者に売却してしまうと、新しいバイクのオーナーはバイクの代金を支払ったのに名義変更ができないといった自体に陥るため確実にトラブルが発生してしまいます。


    ローンで購入したバイクを売るための必須条件

    ローンで購入したバイクを売るためには、自らが所有者となり名義変更を行う権利を持つ必要があり、自らが所有権を持つためには「所有権解除」という手続きを行わなければいけません。


    これを踏まえた上で、ローン返済中のバイクを個人間の売買で売る場合と買取業者に売る場合、それぞれの注意点を以下で詳しく解説していきます。


    ローン返済中のバイクを個人間で売却する方法と注意点


    ヤフオクやモバオクなどオークションへの出品、友人や知人への売却など個人間の取引でバイクを売ろうと考えいる人は、原則としてバイク売却前に「所有権解除」を行うことが条件となります。


    また、上項目で説明しているように、所有権はローンの担保(抵当権)として付けられているものですので、所有権を解除するためには今現在支払っているローンの残債をすべて完済する必要があるということは理解しておく必要があります。


    ローンの残債を事前に一括で返済することができる場合

    すでにローンを完済している、あるいは今残っているローンの残債を一括で返済することができるという人は所有権解除を行うことで、どのような方法でも自由にバイクを売却することが可能となります。


    が、次に2点に注意して慎重にバイクの売却方法は選択するようにしましょう。


    販売店に代行してもらう場合には手数料が必要となる

    所有権解除を行うということは名義変更の手続きを同時に行う必要があり、その代行手数料として5,000円〜10,000円程度かかるのが一般的です。


    販売店によっては所有権解除を無料で行ってくれる場合もあるので、まずはバイクを購入した販売店に相談してみることをオススメします。


    自分で手続きを行うには結構な労力がかかってしまう

    詳しくは以下ページで解説していますが、所有権解除の手続きをすべて自分自身で行うのは、かなりメンドくさいです。


    特に、軽二輪(125cc〜250cc)と小型二輪(250cc以上)の場合、市役所ではなく陸運支局や軽自動車協会で手続きする必要があるので余計に手間と時間がかかることになります。



    所有権解除に掛かる費用、労力を考慮すると、バイクを購入した販売店にそのまま売却する、あるいは買取専門業者に買取を依頼した方がトータルのメリットは大きくなることもあります。


    特に手間と時間をなるべく掛けずに、簡単に早くバイクを売りたいと考えている人は、買取専門業者への売却がベターです。


    ローン返済の為の現金を用意することができない場合

    バイク売却前のローンの一括返済が難しいという人は、以下のような流れでバイクを売ることが可能です。


    • ローン会社に今現在の正確な残債を問い合わせる
    • 残債以上の金額でバイクの売却をする
    • バイクの買主から代金を受け取る
    • ローンの残債を一括返済して所有権解除を行う
    • 買主に車両と必要書類一式を受け渡す

    通常、個人間のバイク売買では代金と引き換えに車両と名義変更に必要な書類一式を受け渡すのが一般的ですが、ローンが残っていて事前の所有権解除ができないバイクの売買をする場合は以下のような流れで取引をするケースが多いです。


    ローンの残債があり所有権解除ができないバイクを個人間で売買する際の取引の流れ


    バイク売却代金の一部を受け取り車両の受け渡し、所有権解除後の書類の受け渡し後に売却代金の残金の受け取りという取引になるため、


    バイクの「売り主」と「買い主」の双方にとってトラブル発生のリスクが大きい取引となってしまいます。


    兄弟などの身内や、よほどの信頼関係が築けている友人・知人が買い主でない限り、この売却方法はトラブル発生のリスクが高く、個人的にはあまりオススメしません。


    また、ヤフオクやモバオクなどオークションへの出品をする場合、トラブル回避のために所有権がついていることは事前に申告する必要があります。


    そのような状態のバイクは所有権がついていないバイクに比べ入札が入りにくく、もし落札されたとしても安価になりやすい傾向にもあるということは理解しておきましょう。


    ローン返済中のバイクを買取業者に売る方法と注意点


    ローン返済中のバイクを最も手っ取り早く売却できるのは買取業者への売却


    バイクを購入した販売店、買取り専門業者に売る場合、ローンの残債が残ったバイクを売る際に必要となる手続き「所有権解除」や「名義変更」などの手間と時間がかかる面倒な書類の手続きはすべて無料で代行してもらえることがほとんどです。


    ですので、とにかく手間と時間を掛けることなく手っ取り早くローン返済中のバイクを売りたいと考えているのであれば、買取業者やバイク販売店への売却が最もオススメできる売却方法だと言えます。


    が!すべてのローン返済中のバイクがそのまま買い取ってもらえるわけではないので注意が必要です。


    以下に仮にローン返済中のバイクの買取例を3通り挙げたので確認してください。


    ローンの残債が20万円でバイクの査定額が30万円だった場合

    バイクの査定額30万円からローン残債分の20万円が引かれて、10万円の現金を直接受け取る場合と、査定額全額の30万円を受け取り自身がローン会社に20万円の一括返済を行う場合の2つのケースがあります。


    各買取業者によって対応は異なりますが、いずれにしてもローンを解消した上で現金を受け取ることができます。


    また、自身がローン会社に一括返済を行う場合でもその後の所有権解除や名義変更など書類上の手続きはすべて業者が無料で行うのが一般的です。


    ローンの残債が30万円ありバイクの査定額が30万円だった場合

    バイクの売却により現金を手にすることはできませんが、毎月のローン返済の負担をなくすことは可能です。


    買取業者は査定したバイクはできる限り買取して持ち帰りたいと考えているので、もし提示された査定額がローンの残債以下だった場合には値上げ交渉を行いましょう。


    ローンを一括返済しない限り所有権解除ができないことは当然買取業者は理解しているので、ローンの残債額までであれば、多少の無理がある値上げ交渉にも応じてもらえる可能性があります。


    ローンの残債が30万円でバイクの査定額が20万円だった場合

    所有権がついていないバイクであれば、ローンの残債を残したままバイクを売却して現金を受け取ることも可能ですが、所有権が付いている場合はローンを残したままバイクを売ることは絶対にできません。


    また、査定額の値上げ交渉も可能と解説してはいるのですが、1社の買取業者との交渉で10万円以上の価格UPはかなり難しいものとなります。


    私自身、福岡県の中古車販売店で勤務していた際に数百台のバイクの査定を行っていますが、最初にこちらが提示する査定額から10万円以上高い金額で買取した経験はほぼありません。


    もしバイクの査定額がローンの残債を下回っていた場合どうすればいいの?

    所有権が付いているバイクはいくら買取業者でもローンを残したまま買取をすることはできませんが、バイクを売却できる可能性がゼロになるということではありません。


    以下のような手段を取ることでバイクを売ること自体は可能です。


    査定額とローン残債の差額分を現金で用意する

    買取業者から受け取るお金と自己資金を併せてローン会社に一括で返済する、あるいは査定額とローン残債の差額分を買取業者に支払うことでバイクを売却することができます。


    バイクを売ることでマイナスの支出とはなってしまいますが、引越しなどどうしてもバイクを今すぐに手放さなければいけないというような場合には、このような手段でバイクを売却するのもひとつの有効な手段だと言えるでしょう。


    査定額とローン残債の差額分のみを新たに別のローンに組み替える

    査定額との差額を現金で用意できない場合、その差額分を買取業者が用意する別のローンに組み換えることでバイクを売却することも可能なのですが、この売却方法はいくつもあるバイクの売却方法の中でも最も売主にメリットが少ない売却方法となります。


    仮にローンの残債が100万円、査定額が80万円、差額の20万円を買取業者のローンに組み替えるというような場合、一見100万円のローンが20万円のローンに減額されるのでお得なようにも感じますが、この組み換えローンは一般的なバイク購入時に利用するローンに比べると金利がかなり高めです。


    そのままのローンで返済を続け、残債が査定額と同額まで減った段階で再度買取業者の査定を受けたほうが損をせずに済む場合もあります。


    今現在組んでいるとローンの金利と残債、新たに組み換えする予定のローンの金利とローン申込金額をきちんと確認した後に本当にそのまま売却するのかどうか判断するようにしましょう。


    まとめ:ローン返済中のバイクは結局どうやって売るのがオススメ?


    • 今あるローンの残債を一括で完済できる
    • 所有権解除の手続きを自分で行うことができる

    この2つの条件を満たすことができる人以外は、まず最初に買取業者へのバイク売却を検討してみることを推奨します。


    ページ上部で解説していますが、ローンの残債を事前に完済し所有権解除を行っていないバイクの個人間の売買は、トラブル発生のリスクが高いのでオススメできません。


    その点、買取業者であれば所有権解除はバイクの売買成立後に業者側がすべて無料で代行してくれるので安心ですし、何よりも大手買取業者であればバイクの査定はいつ何度依頼しても無料です。


    ローン残債よりも査定額が低かった場合でも、どうしてもバイクを手放す必要があるのであれば差額を用意することでバイクの売却は可能ですし、査定の結果、今回はバイクを売らないという判断をしても全く問題ありません。


    以下にローン返済中のバイク売却にオススメできる買取業者を紹介しているのでチェックしてみてください。

    バイク王

    バイク買取シェアNo.1!どんなバイクでも相談可能!

    バイク王のイメージ画像
    バイク王の魅力

    バイクの状態や、不動車、改造車などあらゆるバイクに対応!引き取りから手続きまで全ておまかせでとにかく楽!

    人気
    電話連絡 バイク王からのみ
    対応バイク 日本者、アメリカン、不動車、改造車、水没車、車検切れ車
    対応排気量 50cc〜

    バイク王は、自宅へホコリを被っている不動のバイクや事故をして動かなくなったバイク、どんなバイクでも査定が可能とされているのが特徴で、もちろんローン返済中で所有権が付いているバイクの買取も可能です。


    査定額UPの交渉にも期待できますし、業界最大手というこもあり買取時にのローン組み換えサービスにもバッチリ対応しています。


    無料お試し査定を行えば、インターネット上である程度の相場を見ることが出来るため、あらかじめどれくらいの価値があるのかという事を知ることが出来るためこれほど便利なサービスを超えるものは現状ありません。


    バイクランド

    高額査定の期待値大!オンライン査定と相違のない買取価格!

    バイクランドのイメージ画像
    バイクランドの魅力

    旬のバイクなら買取査定額から最大プラス3万円!乗り換えも対応可能!

    人気
    電話連絡 バイクランドのみ
    対応バイク 日本者、アメリカン、不動車、改造車、水没車、車検切れ車
    対応排気量 50cc〜

    バイクランドは、ゲオバイクからブランド名が変更となった業者であるため、知らない人も多いと思いますが、上場企業の株式会社アークコアが運営しています。
    買取査定もさる事ながら、人気の車種や、旬のバイクはより高値で買取を行ってくれます。


    全国どこでも無料出張査定、インターネットからの査定申込時に同時に査定希望日時の入力も可能なのも嬉しいポイントです。