書類をなくしたバイクを売る方法について徹底解説したページの見出し画像


書類をなくしてしまったバイクを売る方法を徹底解説!

更新日:

「バイクを売ろうと思ったけど書類がない!書類がないバイクって売れないの?」


このような悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?


結論から言うと、書類をなくしたバイクでも売却することは可能です!


ただし、排気量やナンバープレートの有無でバイク売却の条件・金額が大きく変わってくるので、それぞれのバイクの状態に合った売却方法をくわしく解説していきます。


車検証の再発行の手続き方法についても紹介していくので書類がないバイクを少しでも高く売りたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。



    書類はないけどバイクにナンバープレートはついている場合


    書類はないがナンバープレートがあるバイクを売却したい場合


    書類を失くしてしまっていても車体にナンバープレートがついている状態、つまり廃車にしていない状態であればバイクの売却価格に影響はありません。


    廃車手続きをしていないバイクは以下の情報さえ確認できれば書類の再発行が可能です。


    • 車検証など登録書類に記載されている所有者の住所と氏名
    • ナンバープレートの登録番号
    • バイクの車体番号

    これら情報さえ確認できれば、バイクの排気量に関わらず登録書類の再発行が可能となります。


    ですので、「買取業者に売る」「中古車販売店に売る」「ヤフオクに出品する」「友人や知人に売る」どんな売却方法も選択可能です。


    が、125cc以上、軽二輪の軽自動車届出済証あるいは小型二輪の車検証を失くしてしまっている場合には、まず最初に買取業者へのバイク売却を検討してみることをオススメします。


    書類の再発行方法の詳細については後で詳しく解説していきますが、125cc以下の原付以外は書類の再発行にかなりの時間と手間がかかってしまいます。


    買取業者なら書類がないバイクでもそのままの状態で売却が可能


    基本的に書類の再発行手続きは買取業者が無料で代行してくれます。


    大手買取業者は書類の再発行が可能な状態のバイクであれば書類を失くしてしまったバイクでもそのままの状態で買取を行っており、書類がないことにより査定額が下がってしまうということもありません。


    バイクを1円でも高く売りたいという場合には自分自身で書類を再発行し個人間の取引でバイクを売るのが1番良いですが、手間と時間をかけずになるべく早くバイクを売りたいという場合にはまず最初に買取業者の出張査定を依頼してみましょう。


    大手買取業者であれば出張査定は無料なので、査定額に納得できなければその時にはじめて書類の再発行、個人間のバイク売却を検討してみるのでも全然良いと思います!


    ただし次のような業者には注意が必要です!

    • 「書類がないからこのバイクには全く価値がない!」とメチャクチャ安い査定額を出す業者
    • 書類の再発行手続きに3万円以上の請求あるいは値引きをしようとするような業者

    もし仮に自分自身で書類の再発行を行う場合その費用は数百円で済みますし、素人には面倒に感じる書類の再発行手続きは業者にとってはさほど手間ではありません。


    それなのにも関わらず、中には書類がないという理由で相場からかけ離れた安値でバイクの買取を行うような悪徳業者もいます。


    書類のないバイクの査定を買取業者に依頼するのであれば、安心感の強い大手買取業者を選ぶようにしましょう。



    小型二輪の車検証(自動車検査証)を再発行する方法


    再発行する場所 各都道府県の陸運支局
    用意するもの 印鑑(認印でOK)・身分証明書
    必要な費用 400円程度(申請書類代と手数料)

    自身が所有しているバイクが250cc以上の車検が必要なバイクだという人は車検証を再発行を各都道府県管轄の陸運支局に直接出向いて手続きを行うことになります。


    陸運支局は各都道府県に1箇所ずつしかない場合がほとんどで、住んでいる地域によっては行くまでに時間がかかり若干メンドくさいですが、手続き自体はそこまで難しいものではなく、もし車検証のコピーを持っている人はそれと印鑑・身分証明書を持参すればOKです。


    陸運局で申請書(OCRシート3号様式)、手数料納付書、理由書、この3点を購入することで再発行が可能となります。


    これら書類の記入方法については、陸運支局の窓口で教えてもらうことができるので、混雑していない時であればだいたい30分程度でカンタンに車検証再発行の手続きは終わります。


    ただ、車検証のコピーなど車輌情報を確認できる書類が一切手元にないという人については少し注意が必要です。


    陸運支局で提出するOCRシートには「車名(ホンダ・ヤマハ・カワサキなどメーカー名を記入」「車体番号」「型式」「原動機の型式」この4つの車輌情報を記入する欄が用意されています。


    ですので、バイクの情報が記された書類が何も手元にないという場合には以下の情報を陸運局に行く前に自身で確認することを忘れてはいけません。

    • ナンバープレートの登録番号
    • フレームに刻印されている車体番号
    • エンジンに刻印されている原動機の型式

    車体番号の打刻位置は車種により異なるのですが、たいていの場合フレームのネック部分に打刻されています。


    タンクの前、ヘッドライトの後ろ、フレームのこの辺りを見てみてください。


    いくら探しても車体番号の打刻が見つからないという場合には、ネットで「車種名 車体番号 位置」といった感じで検索してみましょう。


    よほどマニアックな車種でない限り、画像で確認することができます。


    車検証の再発行をしたあとでバイクを売りたいと考えている場合


    もしすでに車検の有効期限が切れているのであれば、車検証の再発行と同時に廃車の手続きも行っておきましょう。


    廃車手続きをしておくことで、バイク売却後の名義変更に関するトラブルを回避することができます。


    ただ、車検の有効期限がまだ残っているという場合には、廃車にしないほうが良いです。


    ヤフオクなどを利用して個人間の売却をする場合、そのまま乗って帰ることもできる車検が残っているバイクの方が高値で売れやすいです。


    「印鑑と身分証明を用意すること」「事前に車輌情報を確認すること」この2点さえ抑えておけば、陸運支局に行きさえすれば後はなんとかなります。(笑)


    以下に全国の陸運支局の所在地を確認できるURLを紹介しておきますので、自分で車検証の再発行をしてみようと考えている人は参考にしてみてください。



    車検証の登録名義が異なる場合

    例えば友人から買って名義変更していないまま乗っていたバイクの車検証を失くしてしまったなどという場合には、自身の印鑑と身分証明書では車検証の再発行はできません。


    必ず車検証に記載されている名義人の身分証明書のコピーと印鑑を用意する必要があります。


    県外に引越しをしている場合

    引越しして住所変更を行っていない車検証をなくしてしまった場合、今住んでいる地域管轄の陸運支局に出向いても書類の再発行はできません。


    車検証の再発行はナンバープレートに記載されている都道府県の陸運支局のみ行えます。


    もし自分自身で行くのが難しいという場合にはバイク屋あるいは自身で書類の代行をしてくれる行政書士事務所を探す必要がありその場合には手数料として10,000円〜15,000円程度はかかってしまいます。


    今後もバイクに乗り続ける予定だという人には仕方がない出費ですが、バイクを売却予定なのであればページ上部で解説したようにそのままの状態で買取業者に査定の依頼をしてみるほうがオススメできます。


    軽二輪の軽自動車届出済証を再発行する方法


    再発行する場所 管轄する陸運局または自動車検査登録事務所(※1)
    用意するもの 印鑑・身分証明書
    必要な費用 100円程度(申請用紙購入代金)

    排気量125cc〜250cc以下の軽二輪の場合には「軽自動車届出済証」の再発行手続きを陸運支局あるいは軽自動車検査協会にて行います。


    小型二輪と同じく以下の項目を事前に確認した後に手続きには向かうようにしましょう。

    • ナンバーの登録番号
    • 車体番号
    • エンジン型式
    • 型式

    この4項目を確認した後に陸運局あるいは軽自動車検査協会で「軽自動車届出済証再発行申請書」「軽自動車届出済証紛失届」を購入して再発行の手続きは行います。


    なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、もしやり方が分からなければ、受付にて「軽二輪の書類の再発行をしたい!」と一言伝えましょう。


    必要書類を用意してくれて記入の仕方も丁寧に教えてもらえるので、実際にやってみれば意外と簡単に手続きできます。


    混んでなければ、30分もかからずに再発行の手続きは完了します。


    印鑑と身分証明書を持参するのを忘れないようにしましょう。


    以下に各都道府県の軽自動車検査協会を検索できるURLを紹介しておくので、こちらを確認してください。



    原付の標識交付証明書を再発行する方法


    再発行する場所 バイクを登録した市区町村の役所(※)
    用意するもの 印鑑・身分証明書(運転免許証または健康保険証)
    必要な費用 0円

    ※引越しをしてバイクのナンバーの登録を変更していなかった場合は前住所の役所で手続きが必須


    排気量125cc以下の原付は「標識交付証明書」の再発行手続きとなるのですが、この手続きは小型二輪や軽二輪の再発行手続きに比べるとメチャクチャかんたんです。


    ほとんどの場合、ナンバープレートの登録番号と所有者の住所・氏名だけで再発行可能ですが、役所によって、車両の詳しい情報の記入を求められるケースもあります。


    実際、今現在私が住んでいる地区の市役所と隣町の市役所では対応が異なります。


    ですので、事前に役所に電話して確認をするあるいは、車両の情報をできるだけくわしくメモしたもの(ナンバー・車体番号・エンジン型式など)を用意しておくと安心です。


    バイクを売却予定だという場合

    バイクを売却予定だという場合には、再発行完了後はついでに廃車手続きをしておきましょう。


    原付の売買の際には、廃車手続きをした時に発行される廃車証に住所・氏名を記入、捺印しておけばバイクを売る相手にはその書類だけ渡せばOKです。


    再発行と同時に廃車手続きをする場合は、ナンバープレートの返納が必要なので忘れずに持参するように注意してください。


    すでに廃車手続きをしている状態のバイクの書類をなくしてしまった場合


    すでに廃車手続きをしている状態のバイクの書類をなくしてしまった場合の対処方法


    軽二輪や小型二輪といった排気量が125cc以上のバイクで、すでに廃車手続きをしている状態つまり、

    • 自動車検査証返納証明書
    • 軽自動車届出済証返納済確認書

    これら書類を失くしてしまった場合、先ほどページ上部で解説した通常の手続きでは書類の再発行はできません。


    自動車検査証返納証明書、軽自動車届出済証返納済確認書を失くしてしまうと、陸運支局では不審案件としての対応となってしまうので再発行を行うには実質の所有者、使用者は誰であったのか、返納時の状態はどうであったのかといったことを公に証明することを求められます。


    ですので、法律に関する特別な知識を持っているという人でない限りその証明を自分自身で行うことはできませんし、もし仮にバイク屋に依頼したとしても「それは無理だね!廃車にするしかないよ」と言われてしまう可能性が大です、、。


    自動車検査証返納証明書の再発行は行政書士に依頼してみること

    自動車検査証返納証明書・軽自動車届出済証返納済確認書をどうしても再発行したいという場合には、専門知識を持つ行政書士に依頼するしかないと考えておきましょう。


    ただし、どの行政書士さんでも依頼を受けてくれるワケではないのでまずは行政書士事務所を探すとこからスタートします。


    それにかなり難しく手間と時間がかかってしまうことにもなるので、代行費用は決して安いものではありません。


    私自身、福岡のバイク屋で働いていた時に軽自動車届出済証返納済確認書を紛失してしまった経験があります。(苦笑)


    10社以上の行政書士事務所に電話をかけ再発行の代行が可能と返事をもらえたのが1箇所のみで、金額は5万円程度でした。


    ちなみにその時はバイク自体が古い不動車でさほど価値があるものではなかったので、5万円も払ってまで書類の再発行をする価値がないと判断し、そのまま「書類がないバイク」として処分しました。


    自動車検査証返納証明書・軽自動車届出済証返納済確認書の再発行・再交付は行政書士に頼むにしてもそのハードルはかなり高いと思っておいたほうが良いです。


    廃車手続き時の名義人が誰になっているかも分からないような場合

    • オークションでバイクを購入したが相手から書類を送ってもらえなかった
    • 長期間保管していたバイクで誰の名義になっているのかも分からない

    このようなバイクについては行政書士に依頼しても書類の再発行はできません。


    もしどうしてもこのような状態のバイクの返納証明書を再発行したいなら、インターネットでたまに見かけるちょっぴりグレーな感じのする業者に依頼するほかありません。


    決してオススメできる方法ではないので、その書類発行の仕組みについてはここでは触れませんが、過去の私の友人がそのような業者を利用してCBX400Fの返納証明書の再発行をしています。


    ちなみにその時にかかった費用は20万円、再発行までには3ヶ月程度かかっていました!


    カワサキのZUやホンダのCBXなどの旧車、古いハーレーなどのようによほどの希少価値があるバイク以外は、書類の再発行を行わずにそのまま売却してしまった方が良いでしょう。


    書類の再発行が絶望的なバイクはもう捨てるしかない?


    自動車検査証返納証明書・軽自動車届出済証返納済確認書がないバイクは、新しく登録することができないため、バイクの販売をメインとしている中古車販売店に売却してしまうとほとんどお金になることはありません。


    書類の再発行ができないバイクを手放す場合には、買取業者への売却がオススメできます。


    登録できないというのはあくまで日本国内の話であって、海外への輸出も行う買取業者は「書類がないバイク」でも利益を生み出すことが可能です。


    とは言え、当然ですが書類は揃っているバイクに比べると査定額は安くなりますし、バイクの状態によっては廃車処分料を請求されてしまうこともあるでしょう。


    なので、書類の再発行ができないようなバイクを買取業者に売る場合には、複数社の買取業者の一括査定を無料で受けられる「バイクブロス買取査定」を利用するのがオススメです。


    1分間のカンタン入力で最大8社からの査定を無料で受けることが出来るので、通常では査定額がつかないバイクでも価値を見出してくれる買取業者が見つかる可能性もあります!



    原付なら廃車証をなくしていても問題なし!

    125cc以下の原付の場合は、もし仮にナンバープレート返納後に発行される廃車証を紛失していてもまったく問題ありません。


    廃車時の所有者情報さえ分かれば、廃車証は市役所で再発行することができます。


    もし廃車証の再発行ができなかった場合には、「販売証明書」を用意しましょう。


    販売証明書の発行ができるのは古物商の資格を持つバイク屋で通常であればバイク購入時にしか一般の人は手に入れることはできないのですが、最近ヤフオクでも販売証明書は普通に出品されています。


    金額も500円程度なので販売証明書を手に入れ、市役所でバイクの新規登録を行えば新たにナンバープレートを取得し走行することもできますし、そのまま廃車手続きをすれば再度廃車証を手に入れることができます。